ビクシリン・ジェネリック通販は性病など細菌の感染症の備えに!   >   ビクシリンの飲み方を知る

ビクシリンの飲み方を知る

本の横にある水の入ったグラス

細菌が原因、かつ比較的軽い感染症に対して高い効果を発揮してくれるビクシリン・ジェネリックですが、正しい飲み方を知っておくことは大切です。規定内の量であれば、副作用も起こりにくいとされていますが、効果や副作用については個人差もあるので正しい飲み方で安全に利用するのに越したことはありません。
ビクシリンは1回1錠(250mg〜500mg)を4回から6回、水またはぬるま湯で服用してください。この用法・用量は年齢や症状によって異なりますが、規定量を超える服用は絶対にしないことが大切です。

もし自己判断で服用量を増やすようなことがあれば、強い副作用を引き起こしてしまう危険性もあるのでやめましょう。服用後は、殺菌作用を持っているアンピシリンの働きによって腸内細菌のバランスが乱れがちになります。それによって、軟便や下痢が起こりやすくなりますが、症状が酷く悪化したり血便が出る場合は病院を受診してください。
また過去にペニシリン系の抗生物質でアレルギー反応を引き起こしたことがある人は、ビクシリンジェネリックの使用は避けるようにしましょう。実はアンピシリンという有効成分は、半合成のペニシリンに分類されるのでアレルギーを起こしやすい人は注意が必要です。

病院でも処方される抗生物質で、一般的な薬は毎食後の服用が多いから、と自分勝手な判断で服用してしまう人もいます。しかしビクシリンの場合は、1日4〜6回と通常の治療薬より服用回数が多いので正しい飲み方を確認せずに、一般的な薬と同じような飲み方をする可能性もあるのです。
高い効果を最大限に得たい場合には、正しい飲み方を知った上で実践することが大切なので、購入前か遅くても服用前までにはビクシリンの飲み方を確認しておきましょう。